子どものワキガの原因とその対処法

子どものワキガの原因とその対処法

人にはそれぞれ体臭と呼ばれる臭いがありますが、その中でも脇を中心として発する特殊なにおいをワキガといいます。ワキガのにおいは汗の臭いとはまた違いかなり強く感じられるため悩む人が多いのですが、中でも子どもに発症すると「仲間外れにならないか」と気をもむ親御さんも多くみられます。ここでは原因を知る事で、その対策を考えていきましょう

遺伝だけでなく食生活も関係するにおいの原因

脇にはアポクリン線とエクリン腺という2つの汗腺と皮脂腺が存在します。その中でも水分だけでなく脂肪酸やたんぱく質・アンモニアなどを含むのがアポクリン腺で、ここから出た汗が肌の表面の細菌に触れて分解しにおいにつながるといわれています。この汗腺が多い人ほどにおいのリスクは増えますが、昔から言われている遺伝以外にもさまざまな原因が考えられます。その1つが食生活です。子どもはハンバーガーなどの脂肪分の多い食事を好む傾向にありますが肉やバター・チーズなどの乳製品の取りすぎは皮脂腺を刺激し、においが発生するリスクが高くなります。思いっきり食べさせてやりたい親心は抑えて油っこいものはセーブさせるよう心がけましょう。

においの原因になるストレスを取り除く配慮も大事

人間はストレスを感じるとアポクリン線からの汗の量が増えるといわれています。においを感じるとそれが気になってまたストレスが増し、気にすればするほどにおいが強くなるといった悪循環を繰り返しかねません。勉強で悩んでいることはないか・友達関係はうまくいっているかなどに注意し、それが大きなストレスに変わる前に取り除いてあげましょう。もちろん家庭内ではありのままに自分が出せるような環境を作ってあげるなどの気遣いも必要です。運動の後などいつもより汗をかいた後はさりげなく入浴を促すなどのちょっとした配慮をするだけでもにおいは格段に変わってきます。

手術に踏み切る前に試したい、家庭でできる対策

記事のイメージ画像

ワキガの対策に最も有効とされるアポクリン線の手術は年齢やタイミングが重要になってきます。慌てて踏み切る前にまず家庭でできる方法で対策してみましょう。1つ目はミョウバン水を使った方法です。ドラッグストアで購入できるミョウバンと水で作ったミョウバン水をスプレーなどに入れて吹きかけるだけで汗を押さえにおいを消します。アトピーがあっても使えるのが特長です。衣類の消臭剤を衣服に吹きかけておいてあげたり、制汗剤を使う事で軽減されることもあります。ワキガに効き目のある石鹸も販売されているので変えてみるのもいいでしょう。ワキガ専用のクリームや制汗剤で対策するのも方法です。

まとめ

ひと昔前は思春期ごろから気になり始めるといわれていたワキガ臭も、肉体的な成長と共に低年齢化してきているという現実があります。子どもが小さいうちは親が過剰に反応するとかえってストレスをためてしまいます。できるだけそっと見守りながら、陰でサポートしてあげてください。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

今すぐワキガを治したい!効果的な治し方とは?
ワキガの手術をする必要性はあるのか
ワキガのにおいは個人差が大きい
気になるワキガをチェックする方法とその対策
ワキガに悩むお子さんには薬用クリームで治す
ワキガによる服の黄ばみ対策方法
ワキガは遺伝する問題だからこそ
脱毛でワキガの臭いは軽減できるのか
ワキガを改善する効果がある石鹸
ワキガの解決方法として最も効果的なものは制汗剤です!
女性のワキガの予防にはワキ毛を剃ってしまうこと
ワキガを抑える効果があるサプリ
ワキガと多汗症とは全く別なものと知っておきましょう
ワキガを消臭するために、専用のクリームを使いたい
ワキガを軽減することができる食べ物
ワキガの臭いに本人は気付かない
ワキガ治療後の再発の原因を知る
ワキガのレベルを知って治療が必要かどうかを判断するには
ワキガの悩みは専門家に相談する
気になるワキガを年齢に応じた対策で解決する
本人だけではなく周囲にもストレスを与える事になるワキガ
ワキガの原因となるアポクリン腺からの汗
ワキガ対策をキチンとすることで迷惑をかけない人に
自分がワキガなのか汗臭いだけなのか悩んでいる人へ見分け方をお教えします